クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!時短派遣社員をやりながら子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

シングルマザーが派遣社員で子育ては可能なのか?仕事選びの大切なポイントとは。

f:id:crea-kosodate:20190625083705j:plain

離婚を決意した時、当然一人で育てていく訳ですから収入が必要です。

様々な雇用形態がある中でどれを選択するのかが大切になってきます。

 

・・・一番ベストなのは、離婚時点で正社員であること。

 

会社によって異なりますが、「子供が〇歳までは時短勤務可能」という規則があるところが最近では増えてきていますので、時短をしながら正社員で働き、子供がある程度大きくなったらフルタイムでという選択が一番良いと思います。

 

ただし、その時短勤務も大企業であれば「小学校3年生まで」といった優遇があったりしますが、中小企業だと「3歳まで」しか認められない企業も多いですよね。

 

そんな中で、どの選択をするのが母子にとって一番良いのかを考える必要があると思います。

 

  

雇用形態のいろいろ

主に、下の4つに分けられると思います。

①正社員

②契約社員

③派遣社員

④パート・アルバイト

 

会社の就業規則によって様々ですが、イメージ的には正社員が安定、派遣社員やパートは不安定といった感じでしょうか。

 

ある意味正しいと思いますが、今は正社員でも何があるか分からない時代です。

特にシングルマザーの場合、働くことに制約があると思いますので、状況に合った働き方をする必要がありますね。

 

シングルマザーの選択肢

冒頭でも書きましたが、やはり一番良いのは正社員。

できれば、離婚後正社員になるのではなく離婚前から正社員であることがベストです。

既に勤務している会社であれば、会社の協力を得やすいからです。

再就職となるとなかなか「シングルマザーなので・・・」というのは通用しにくいですよね。

 

ただ、現実的には、やはりパートやアルバイトで勤務されている方が多いと思います。

もちろん正社員になるのが難しいというのもありますが、勤務時間が大きなネックになってきますよね。

 

子供が大きければ問題ないのですが、子供が保育園児の場合はお迎えが必要になりますし、小学校でも学童で預かってもらえる時間は保育園の時より短かったりします。

そうなると、短時間勤務を選択せざると得なくなるのですよね。

 

派遣社員で子供を育てるときのポイント

私は長年正社員で勤務していましたが、出産前から派遣社員に切り替えました。

元夫が転勤族だった為、居住地を転々をしなければならなかったので、応用が利くと思ったためです。

 

派遣社員でも、産前産後や育児休業は取得できますし、正社員と何も変わりません。

ただ、賞与はありませんし、時給なので休日が多い月だと月給の正社員とでは収入面で大きな差が出てきます。

 

でも、シングルマザーになった今、派遣社員でも生活ができています。

派遣社員で子供を育てる場合、「時給」が全てになりますので、できるだけ時給が高い仕事を選ぶことが大切です。

 

派遣社員は能力に応じて時給が決まるのではなく、最初から時給は決まっています。

ほぼ未経験でも応募できる仕事なのに時給が高い仕事が存在しますので、少しでも良い条件の中から選ぶことが大切になってきます。

 

時給の高さは地域と職種で決まる!

では、どうやって時給が決定されているのかというと、例えば会社が派遣会社に支払う 1時間あたりの単価(時給)を2,000円とします。

 

一般的に、6割~7割程度が派遣社員の手元に渡りますので、

✿派遣社員取り分・・・1,400円程度 

✿派遣会社取り分・・・600円程度

となります。

 

私は長年人事をやっていますので、会社が支払う額・派遣社員がもらう額も知っていますが、首都圏の場合、人事総務職だと会社の支払いは2,300円~2,500円程度、派遣社員がもらう時給は1,500円~1,600円程度というのが多かったです。

 

会社が派遣会社に支払う単価がベースとなって派遣社員の時給が決定される訳ですが、では会社の支払額はどうやって決まっているのでしょうか?

 

・・・それは、地域と職種によって決まります。

 

人事総務のような事務職よりエンジニアのような技術職の方が単価は上がりますし、地方より首都圏の方が単価が高いです。

例えば、事務職の場合だとほぼ未経験でも1,600円の時給がもらえるのに対し、地方だと1,100円といった感じで各段に差がついてきます。

 

物価に合わせてあるといえばそうなのですが、例えば大阪と京都でも時給が全然違っていて、大阪の方が高いです。

住んでいる分には大阪も京都も物価に差があるようには思えないのですが、同職種でも地域差があるのは理解しておいた方が良いと思います。