クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!時短派遣社員をやりながら子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

学童の申込時期と申込方法について~シングルマザー割引はあるのか~

f:id:crea-kosodate:20190926082235j:plain
子供が小学校入学!

嬉しい反面、色々な手続きに悩まされますよね。

 

小学校は、居住地の市役所から案内が来るので、住民票さえ希望する小学校区内に置いていれば、後は待っていればOKです。

 

でも、学童はどうやって申し込むのでしょうか。

そして、シングルマザーの場合の学童費用はどうなるのでしょうか。

 

 

学童の登録申請書類配布の時期

保育園や幼稚園の年長になると、秋頃に小学校の案内が届き、入学届を提出しに職員室まで出向かれると思います。

 

その際に、入学に関する案内一式を受け取ります。

その中に学童の登録申請用紙の配布時期が書かれていました。

我が家の場合は、保育園にも掲示されていましたよ。

 

配布時期が来たら学童に直接もらいに行けばOKですが、日時が決められた説明会も実施されます。

ちょうど年明けの、会社がまだ年末年始休暇の時期でした。

 

ただ、書類の書き方等の説明だけで、時間にして30分くらいでしょうか。

それほど大した説明はありませんでした。

書類の説明を読めば分かるので、わざわざ説明会に参加しなくても良かった程度の内容でした。

配布時期については、市役所のHPにも掲載されていましたので、気になる方は事前に目を通しておかれると良いと思います。

 

申請の時期

書類を配布されたのが1月の頭頃で、提出期限は2月中旬頃でした。

ちょうど確定申告が始まる頃に提出期限がやってくるので、確定申告を予定されている方は、後日「確定申告書の写し」を提出することになります。

 

指定された書類を揃えなければなりませんが、十分に時間はありますのでそれほど焦ることはないと思います。

期限までに準備できない書類があれば、後日の提出でOKとなっています。

登録申請書など、必ず必要な書類は前もって記入しておく必要があります。

 

申請に必要なもの

必ず必要になるのは、これらの書類です。

✿登録申請書

✿収入状況等申告書

✿就労証明書

✿源泉徴収票(確定申告書の写し)

その他必要に応じて、課税証明書を求められることがあります。

 

シングルマザーの場合は、課税証明書が必要になる可能性が高いと思います。

私の場合も、かなり遅れて課税証明書の提出を要求されました。

 

というのも、ひとり親家庭の場合は「減免制度」があるからなんですね。

 

<提出書類>

f:id:crea-kosodate:20190802082139j:plain

 

私の場合、お給料から所得税は課税されていますし、年末調整後の所得税も0円ではありません。

 

でも、学童の利用料金を計算する際には、平成22年度税制改正で廃止された16歳未満の年少扶養親族に対する扶養控除や16~18歳までの特定扶養親族に対する扶養控除の上乗せ部分が存続しているものとして再計算をかけ、税額を決定するのです。

 

再計算をしたところ所得税非課税世帯となり、市民税の「課税証明書」の提出が必要になったという訳です。

市民税というのは聞きなれないかも知れませんが、住民税のことです。

 

つまり、源泉徴収票に記載されている税額をもって利用料金を決定する訳ではないということですね。

学童の申込は子供が小学生ですから、必ず上記の再計算に該当します。

 

申請が下りる時期

申請をしたのが2月上旬頃、そして2月下旬には「内定通知」が郵便で届きました。

内定が下りるまでは割と早いです。

その後、3月上旬頃に「内定保護者説明会 」が行われました。

 

内容としては、

①学童保育について

②学童クラブ保険について

③春休みの受け入れについて

が主になります。

 

特に、春休みの受け入れについては、念入りに説明がありました。

なぜなら、入学式が4月8日頃なのですが、保育園で預けられるのは3月末までなので、4月1日~入学式までの間に空白期間が出来てしまいます。

 

その期間、まだ入学前の子供達を「春休み」として受け入れてくれるのも学童になります。

子供達は入学前のドキドキの期間、先に学童を体験することになる訳です。

 

ただ、これは子供達にとって利点があって、上手く学童に馴染むことができれば、家庭と同じように子供達が「帰る場所」という認識をいち早く持ってくれる可能性があります。

 

学童の利用料の支払い方法

毎月の利用料ですが、口座振替になります。

多くは、小学校と同じ銀行口座からの引き落としを指定されるのではないでしょうか。

口座振替依頼書を銀行に持って行き、自ら手続きをする形になります。

 

シングルマザーなどで利用料がかからない場合でも、おやつ代は別途かかりますから、必ず口座振替の手続きは必要になると思います。

 

万が一口座に残高が無かった場合は、子供達が現金で学童に持って行かなければならないので、残高は常に確認しておく必要があります。

 

利用料以外の支払い方法

子供の学童では、競技用けん玉の購入が必須となっています。

夏休みなどに「けん玉検定」を受けるからなんですね。

 

・・・と言っても、どこかに出向いて検定試験を受けるということではなく、合格を判断するのは学童の先生です。

学童でけん玉の練習をし、そのまま検定を受けて色んな技を習得していきます。

 

そのけん玉の購入費などは、口座引き落としではなく現金払いです。

 

その他、遠足の場合はほぼ貸切バスで行くのですが、バス代を含め遠足費として申込書と一緒に現金で支払う形になります。

 

その為、私の場合は学童利用料が0円ですので、口座引き落としがかかるのはおやつ代のみで、それ以外は現金払いとなっています。 

 

www.crea07.com