クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!時短派遣社員をやりながら子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

母子家庭の毎月の水道光熱費はいくらかかっているのか。一番高い電気代を下げるためのポイントとは?

f:id:crea-kosodate:20191021081931j:plain

家賃に加えて毎月の水道光熱費、結構痛いですよね。

自分一人なら節約できても、子供がいるとなかなか絞れない費用も出てきます。

最近の真夏の暑さは尋常ではないので、エアコンを我慢するという選択肢も取れないです。

 

ただ、現状の中で少しでも改善できる点はあるので、今回は水道光熱費の中でも一番高い電気代に的を絞ってみたいと思います。

 

 

毎月の水道光熱費

我が家の1ヶ月の水道光熱費は、こんな感じです。

✿ガス・・・3.000円

✿電気・・・3,000円~12,000円(年間を通して変動)

✿水道・・・3,500円

 

水道代が高めなのは、トイレが原因ですね。

子供がトイレを詰まらせないように何度も流すので、どうしても水道代が上がります。

ただ、以前詰まらせてしまって業者を呼んだあげくに15,000円程かかったので、少しづつ流すのは私も賛成です。

 

ガス代は、毎日朝食と夕食作りをしている割には安いかな?という印象。

1年を通してもさほど費用は変わりませんので、これで良し。

 

問題なのは電気代ですね。

当然ながら、夏と冬の電気代が上がります。

とは言っても、一人暮らしでもこれぐらいの費用になる方は多いので、特段高すぎるということは無いと思いますが、電気機器の選び方でものすごく差がついてきます。

 

母子家庭の1年間の電気代

我が家の1年間の電気代です。

関西電力ですが、ネットで一覧できるので便利ですね。

f:id:crea-kosodate:20191018083522j:plain


こうやって見ると、冬の1~3月と、夏の8月が電気代が高いのが分かります。

それでも、独身時代と同じくらいの電気代。

子供がいる割には、さほど高額ではありません。

 

ただ、これも電気代を少し意識しているからこそ、抑えられているのかも知れません。

 

電気代を安く抑えるポイント

我が家のエアコンは3台あります。

賃貸マンションにしては多い台数ですが、1台をフル稼働させている同じマンションのママ友よりはるかに安い電気代なので、台数より使い方なのかな?と思います。

 

電気代を抑えるために気を付けていることは、こんな感じです。

<冬場>

①こたつを併用する

②寝る時はエアコンをつけない

③電気ファンフィーターを使わない

 

<夏場>

①扇風機を併用する

②日中は外出する

③エアコンの温度を下げ過ぎない

 

まず、冬場。

肌寒くなったらこたつを出します。

部屋全体が温まる訳ではないのですが、肌寒い時期であればこたつで充分です。

圧倒的に電気代が安いので、本格的な冬を迎えるまではこたつが活躍しています。

 

又、エアコンだけでは空気の冷たさを感じる時があるので、足元にこたつがあるだけで、本当に温かい冬を過ごすことができますよ。

 

そして一番避けたいので、電気ファンフィーター。

1~3月まで少し使用していますが、これを使うだけで極端に電気代が上昇します。

できればガスファンフィーターを使いたいのですが、子供がうっかり引き抜いてしまった時の安全性を考えると、当面は電気器具を使用したいと思っております。

 

決して電気器具が安全という訳ではないのですが、コンセントから火が出たら子供はすぐに気付けますが、ガスが漏れた時に対処ができるかな?という感じです。

小学生になると一人で留守番をする機会も増えるので、基本はエアコン。

そしてこたつという感じになりますね。

 

ちなみに大阪ガスの方が点検に来られた時に聞いてみたのですが、「ガス器具も安全ですよ」という事でした。

よほど強くひっぱらない限りはガスが漏れることはありません」とのことです。

 

ただ・・・、有り得ますよね。

子供に「家の中で走ってはいけない」と教えていても、たまに走っていることが、、、

うっかりという事があるので、今はガス器具は省いています。

 

次に夏場。

扇風機を各部屋に置いています。

エアコンの風がまわりますし、極端に温度を下げなくても部屋全体が涼しくなります。

 

エアコンは、何度もつけたり消したりをしないよう私は気を付けていますが、子供は好きな時につけ、好きな時に消してしまいます。。。

ただ、1日中つけっぱなしにしているママ友の家庭よりはかなり電気代が安いので、我が家では使っていない時はエアコンは消しておきます。

 

エアコン3台を必要な時だけつけるという感じになりますが、やはり日中子供が学校に行っている時間仕事に出ているのが最大のエコですね。

朝と夜だけなら、エアコンを自由に使ってもそれほどの金額にはなりません。

 

我が家は週末も日中も出掛けていることが多いので、夏場の電気代を下げる一番のポイントは日中外出すること、だと思っています。

 

電力会社を検討する

電力自由化により、電力会社を自由に選べるようになりました。

同様に都市ガスも自由化により、選択することが可能です。

・・・こうなると迷いますよね。

 

我が家は、都市ガスについては何も不満がないので、現状維持で考えています。

ただ、電力会社は検討したいと思っています。

 

まずは、シミュレーションサイトでどれくらい安くなるのかを検討してみます。

 

価格.comの電気プランシミュレーションを使ってみることにしました。

郵便番号・世帯人数・日中自宅にいるかどうか等を選択します。

 

我が家の場合、日中は自宅にはいません。週末も出掛けている事が多いですが、時々います。そして、子供と二人世帯。

次に、月別の電気使用量を入力します。

ひと月だけ入力する方法もありますが、私の場合は年間の電気量を把握しているので、年間電気量で計算しました。

 

f:id:crea-kosodate:20191021082429j:plain

 

年間電気量は3,018kWhです。

 

入力をすると、お得な順に電力会社が表示されるのですが、

①エルピオでんき

②ジニーエナジー

③スマ電

④自然電力

⑤LOOOPでんき

⑥ENEOSでんき

⑦ピタでん

⑧あしたでんき

⑨HTBエナジー

⑩シン・エナジー

 

見事に聞いたことのない電力会社が並びます。

そして大阪ガスは16位でした。

 

都市ガスは大阪ガスなので、電力も大阪ガスにすると明細の確認が便利です。

①~⑩の電力会社はAmazonのギフト券をもらえたり、割引・キャッシュバックが受けられたりと、初年度限定のキャンペーンをやっていて上位に入っている様なので、

2年目以降の実質の電気料金で考えたいですね。

実質電気料金で考えると、それほど大差ありません。

それであれば、ガス・電力を同じ会社に統一する方がメリットがあるかな、と思います。

ということで、我が家は電力を大阪ガスに変更することに決定しました。

 

まとめ

一般的に言われている、エアコンをこまめにつけたり消したりするよりつけっぱなしが良いというのも、各家庭の状況によって異なる様です。

少なくとも我が家では必要のない部屋は消していますが、周りのつけっぱなしにしている家庭より電気代は安い様です。(同じマンションの同じ間取り)

 

年間の水道光熱費を把握し、各家庭ごとに工夫をするのが良さそうですね。

その為にも、電力自由化・都市ガス自由化などを上手く利用されると良いと思います。

 

特に電気代は年間を通して幅が大きいので、一番高くなる季節をどう過ごすのかがポイントになりますね。