クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!時短派遣社員をやりながら子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

母子家庭、子供が「パパに会いたい!」と言ったら?我が家の対処方法と子供への説明の仕方

f:id:crea-kosodate:20191025212652j:plain

「パパに会いたい!」

子供に言われて一番困るセリフですよね。

 

子供の事を考えてギリギリまで離婚は踏みとどまりましたし、それでも離婚をしたということは、限界を超えてしまったからです。

きっと、皆さんそうですよね。

 

それでも、子供にとっては大切な父親。

離婚をして一番大変なのは、子供の気持ちに対してどう接してやるかという点ではないでしょうか。

金銭面なら頑張れば何とかなりますが、父親の問題は相手の人柄も関係しますから、なかなか難しいと思っています。

 

 

我が家の場合

離婚後普通に連絡を取っていましたが、しばらくして音信不通になりました。

元夫はアスペルガーなので、結婚当時から部屋に閉じこもる・メール無視・着信拒否は普通で、何か気に入らない事があると自分の殻に閉じこもってしまう特性がありました。

 

それでも、子供が「パパに会いたい」というので何とか関係を保ち、一緒に遊びに行ったり旅行に行ったりしていました。

 

ただ、今はまた音信不通状態ですね。

理由は・・・良く分かりません。

基本的に子供のために何かをする人ではないので、自分にプラスになる時は連絡をしてきてイヤになると去っていく、そんな感じです。

 

でも、会っている時は全力で子供と遊んでくれますし、普段養育費未払いの分、遊ぶ費用は全額元夫が負担します。

ただ、気まぐれですぐに音信不通になるので、子供への説明が難しい感じです。

 

子供への説明の仕方

正直、小学校高学年にならないと、「離婚」なんて理解できないと思っています。

なので、今は「パパはお仕事が忙しいから」と説明をしています。

 

ただ、我が家は音信不通の時以外は会えるのでその説明で良いですが、完全に会えないご家庭もあるでしょうし、もっと早い段階で説明が必要になるケースもあると思います。

 

私なら、「喧嘩しちゃってもう会えないんだよ」ではなく、「パパはちょっと心が弱くて頑張れなかったんだよ」と話すと思います。

喧嘩しちゃった・・・と言っても、「なんで仲直りしないの?」と返ってくると思いますし、子供には「お友達と喧嘩しても仲直りするんだよ」と話しているので、ちょっとつじつまが合わない気がします。

 

我が家は元夫が発達障害でしたが、発達障害の説明は難しいので、「心が弱かった」「頑張れなかった」という風に今後話そうと思っています。(事実ですし)

 

子供が可哀想だと思わないことが大切

普通で考えると、父親と母親が揃っていて当たり前です。

その当たり前の家庭で育つことができない我が子は可哀想かも知れません。

 

ただ、母親がそう思ってしまうと、子供に伝わりますよね。

 

なので、私は「あなたは、沢山の人からいっぱい愛されて幸せだね。」と話しています。実際に親戚も子供を沢山の愛情で包んでくれていますし、学校や学童の先生、そしてママ友もとても可愛がってくれています。

その環境に感謝し、今ある環境で精一杯生きて欲しいと願っています。

 

その為にも、普段から「父親の悪口は言わない」という事を徹底しています。

 

我が子は可哀想だと思うと、どうしても甘やかし過ぎてしまいますよね。

甘やかしは子供の成長を歪ませてしまう可能性があるので、普通の家庭と同じように育てています。

 

子供が卑屈にならない一番のポイント

やはり金銭面だと思います。

「お金がない」と母親が常に口にするようになると、「パパがいないからだ」と子供は感じてしまいます。

 

なので、例え生活が厳しくても「お金がない」「生活がしんどい」という事は絶対に口にしません。

そして、よそのご家庭と同じように習い事もさせています。

 

その為にも副業を上手く利用して、子供に不自由させない程度の収入は確保する必要がありますよね。

 

シングルマザーは大変ですが、幸せな面も沢山あります。

 

・・・それは、ストレスが無いことです。

一番のストレスは、夫との関係だったはずですので、それが無くなった今あとは自分自身が頑張るだけです。

そう考えると、気持ちが楽になります。

 

周りからの偏見について

シングルマザーである以上、これは必ずあると思います。

偏見というか、「大変」「可哀想」という目では絶対に見られますよね。

 

でも、あえて周りにシングルマザーある事を話す必要はないと思います。

 

我が家は、普通に元夫と一緒に出掛けた写真を飾っていますし、子供の中にもパパの存在があります。アルバムにも沢山のパパの写真があります。

その様に仕向けたのは私です。

 

会えなくても感じられるだけで随分違うと思うので、両親から生まれたんだという事を実感させる為、その様な環境を作り出しました。

 

一番大切なのは、

✿子供が明るく真っ直ぐ育つこと。

✿ずっと側にいる母親を大好きでいられること。

✿子供が劣等感を持たないこと。

だと思います。

 

長年、企業の人事をやっていますが、元気そうに見えても実は「うつ病」などのメンタル系疾患を抱えていたり、ご家族が病気だったりと、人には色々あります。

私の友人は夫婦仲が大変良いのですが、子供は反抗的で学校でも問題を起こし、子育てに苦労しています。

 

人間なんて何が幸せか分かりません。

健康であることに感謝をして、周りは気にせず自分自身の子育てを再度見つめてみたいですよね。