クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!時短派遣社員をやりながら子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

シングルマザーに生協がおすすめの理由!生協を上手く利用して家事・子育て・仕事を両立しよう。

f:id:crea-kosodate:20191030215726j:plain

シングルマザーだと大半の方が働かれていると思います。

子供が小さい場合、なおさら自分の時間なんて作れないですよね。

そんな中、買い物の時間を確保するのは大変ではないでしょうか?

 

私も以前は買い物に苦労していたのですが、生協を始めてから劇的に生活が楽になりましたので、今回は「生協のある生活」について書いてみたいと思います。

 

 

生協とは?

生協とは「生活協同組合」のことです。

出資金を出し合い組合員になり、みんなで利用・運営していく消費者自身の組織になります。

 

出資金といっても、必ず必要になるのは最初だけです。

500円~1,000円程度となりますので、負担がかかるものではありませんし、脱退するときに返却されます。

 

生協は地域によって色々種類がありますので、自分に合った生協を選ばれると良いと思います。

こちらから、最寄りの生協を探すことができます。

【生協公式】コープ・生協の宅配はじめませんか

 

生協の取り扱い商品

利用する生協によって異なりますが、大体何でも揃います。

食料はもちろんですが、日用品から衣類、そして家具まで何でもカタログに掲載されています。

「価格が割高なのかな?」と思っていましたが、スーパーと同じくらいの値段です。

 

もちろん、スーパーには特価がありますので、物によってはスーパーの方が安いことも多々あります。

 

ただ、例えば野菜など季節によって価格が大幅に高くなるものってありますよね。

生協の場合は、価格が固定されている為、1年を通して同じ品質のものが同じ値段で購入できるのがとても良いです。

 

例えば、トマト。

トマトの収穫時期を過ぎると、小さいトマトが少しだけ入ったパックが結構お高めの値段でスーパーに並ぶようになります。

でも、生協なら収穫時期と同じ値段で大きなトマトが同じ値段で購入できたりします。

流通経路がしっかりしているので、確保できるのでしょうね。

 

共同購入と個人宅配

私が利用している生協だと、共同購入と個人宅配があります。

 

共同購入

お友達やご近所同士で集合場所に届けてもらえます。

そこから自宅に運ばなくてはならないので、戸建ての方向きですよね。

手数料がかからないという利点があります。

 

個人宅配

決まった時間しか受け取れない、マンションに住んでいて玄関まで運んで欲しいなど、現代向けのサービスになります。

ただし、手数料がかかります。

 

個配の際にかかる手数料

私が利用している生協の個配手数料は、この様な感じです。

f:id:crea-kosodate:20191030075342j:plain

 

いかがでしょうか?

正直これくらいの手数料で玄関前まで運んでもらえるなら、個配はお得ですよね。

特にエレベーターのないマンションなどは、進んで利用されると良いと思います。

 

そして、条件に該当すると個配手数料の割引制度を利用することが可能です。

 

例えば、子育てサポート割引。

子供の年齢によって割引額が変わります。

f:id:crea-kosodate:20191030080636j:plain

 

つまり、子供が未就学児だとその間個配手数料も安くなります。

これは助かりますよね。

 

他に、高齢者割引や障害者割引などもありますので、実際に利用される生協で調べてみて下さいね。

 

配達曜日と時間

いつ配達されるかは、その地区によって異なります。

個配の場合は、地区ごとに事前に決まっていますので確認する必要があります。

 

曜日より問題なのが配達時間ですよね。

日中は仕事をしていて受け取れない!

 

その場合は、玄関先に置いておいてもらえます。

少し不安な感じもしますが、今まで商品が無くなったことは一度もないですし、同じマンション内の方も沢山利用されていますので、案外大丈夫です。

 

気になるのは、牛乳などの冷蔵商品や冷凍商品が腐らないかだと思いますが、きちんと発砲スチロールの保冷箱に保冷剤やドライアイスなどを入れて下さっているので、数時間であれば全然問題ありません。

私の場合は、夜19時~20時頃の配達なのですが、自宅にいても玄関先に置いていって下さるので、特に配達の方とお会いしたことはなく、便利が良い感じです。

 

大変便利なネット注文

毎週、商品の配達と同時に次回分のカタログを持ってきてもらえます。 

マークシート式の注文用紙もついてくるのですが、便利なのはやはりインターネットからの注文です。

 

ネットからもカタログを閲覧することができますが、画面が小さいので私は紙面のカタログを眺めながらネット注文をします。

これが毎週楽しみで、仕事疲れの癒しの時間です。

 

1回の注文で5,000円と予算を決めてあるので、予算内で収まるように考えていきます。

最初は食料品だけだったのですが、最近では日用品に加えて衣類まで購入しています。

衣類は、品質が不安でしたが、生協の服結構良いですよ!

 

特に会社用の仕事着にぴったりの商品が色々並んでいます。イメージと違っても返品方法が楽なので、おすすめです。

通常であれば自分で梱包をして送り返すという手間が発生しますが、生協の場合は、翌週に配達の方に渡せばOKです。

 

私は直接配達の方と会わないので、商品が入っていたかごの中に入れておきます。

(商品が入っていたかごや発泡スチロールは返却するルールです。)

そうすると、引き上げて下さいますよ。

 

シングルマザーは何もかも一人でやろうとすると大変です!

手を抜けるところは抜いて、楽に賢く両立していきたいですよね。