クレアのシンママカフェ

アスペルガーの夫と離婚!派遣社員のお給料と副業で子供を育てる40代シングルマザーのブログです。

シングルマザーの私が加入している生命保険の内容を公開!保険料はいくらに抑えればいいの?

f:id:crea-kosodate:20200410230224j:plain

離婚を決意した時は、目の前にある離婚手続きで精一杯になりますよね。

あれもこれも・・・、と役所や保育園等の手続きで大変です。

 

www.crea07.com

 

そして、少し落ち着き子供との生活に慣れてきた頃、ふと気になるのが生命保険です。

「自分一人で子供を育てていく」ことを再認識した頃ですね。

 

 

私が加入している生命保険(私的保険)

離婚をして2年程経過した頃に、保険の見直しを行いました。

保険の見直しを専門としている所に相談に行くのも手だと思いますが、やはり先方も商売なので、より利益が上がる保険を勧めてこられる可能性があります。

 

ですので、最終的には情報を仕入れた上で、自分自身で決定されるのが良いと思いますよ。

 

<私が加入している保険一覧>

①収入保障保険・・・2,100円/月

②医療保険・・・3,270円/月

③個人年金・・・15,000円/月

④学資保険・・・0円(元夫が勝手に解約)

⑤自転車保険・・・150円/年

 

保険代として、①と②の合計で5,000円程度です。

③の個人年金は貯蓄として考えています。

④の学資保険はソニー生命に元夫の名義で加入していましたが、離婚後黙って解約されてしまいました・・・。

(こういうところが嫌いです。)

 

収入保障保険

離婚当時、死亡保険への加入を考えていました。

ただ、40代にもなると健康診断結果がオールAなんてことは決してなく、どこかしら引っ掛かります。

そうなると、保険料も高くなってしまうんですよね。

 

私にもしもの事があった時、身内に子供を託さなくてはなりません。

そこで、死亡保険ではなく、収入保障保険に加入しました。

私が死亡又は高度障害状態に該当した時に、子供が18歳になるまで月に10万円が下りてくる保険です。

保険期間が60歳満期となっていて加入したのが42歳なので、子供が18歳になるまで保険が下りる・・・という訳です。

 

ですので、もう少し早く加入していれば、子供が22歳になる頃まで給付金を受けられたことになります。(この辺は離婚年齢によるので仕方ないですね・・・。)

 

大学まで行かせたいので、18歳までだと生活費はOKですが、別途学費を準備する必要があります。(現在は大学無償化の恩恵を受けるという手もあります)

学資保険はソニー生命に加入していたのですが、離婚をした途端何も言わずに元夫が解約してしまいました。

 

ただ、ここの補填は考えてあります。

20代の頃から加入している個人年金。これは60歳から支給開始になるのですが、途中で私にもしもの事があった場合は、死亡年齢に応じて給付金が下りてくる仕組みになっています。

これを大学費用に充てるつもりでいます。

(もしものことがあった場合の話ですが・・・。)

 

医療保険

私の市では、ひとり親の場合、子供が18歳に到達して最初の3月31日までは、私自身も医療費がかかりません。(所得制限有り)

医療費助成の内容は、市によって異なります。

ですので、通常の保険適用分に関しては心配要りません。

 

ただ、がんになった場合など、保険外の治療や個室の差額ベット代、そして食事代などは支払いが必要です。

その分を補填するために、医療保険にも加入しています。

 

<医療保険の内容>

・がん以外の場合

✿共済金額(入院共済金日額):5,000円

✿手術共済金:共済金額の20倍(入院中)、5倍(入院中以外)

✿放射線治療共済金:共済金額の10倍

 

・がんの場合

✿共済金額(がんによる場合):10,000円

✿手術共済金(がんによる場合):共済金額の40倍(入院中)、10倍(入院中以外)

✿放射線治療共済金(がんによる場合):共済金額の20倍

 

・共通

✿入院見舞金:共済金額の5倍

✿先進医療共済金:技術料に応じて約款で定める額

  

以前は、女性疾病特約がついている医療保険に加入していましたが、先進医療がついていなかったので、見直しを行いました。

 

がんになると保険適用外の治療の可能性もあります。

正直、保険適用外の治療を選択することは生活的に難しいと思いますので、健康診断を人間ドック並みの内容にし(派遣会社の健康保険に自腹でオプションをつけています)、がんを早期発見できるよう努めています。

 

仕事をしていれば、傷病手当金を最大1年6ヶ月受給できますので、傷病手当金+医療保険で生活を賄うイメージになりますね。

 

ちなみに、入院時の食事代ですが、思っている以上に高いです。

f:id:crea-kosodate:20200409214011j:plain

 ※出典:協会けんぽ「入院時食事療養費」

 

住民税非課税世帯でない場合、1食につき460円かかります。

1日ではなく、1食です・・・。

シングルマザーの場合、ギリギリ住民税非課税にならない中途半端な収入の方も多いのではないでしょうか。

 

以前、息子が8日間入院をした時がありました。

医療費は無料だからと簡単に考えていたら、結構な金額に!

 

総合病院で、「小さなお子さんは個室でお願いします」と言われました。

 

拒否することも可能ですし、本来であれば病院から依頼された場合は差額ベット代は取ってはいけないことになっています。

ですが、親も泊まり込むことを考えるとやはり個室が理想ですよね。

そのまま了承し、1日9,000円の個室代を支払いました。

・・・それだけで10万円近くかかってしまいました。

 

子供なので特に医療保険には加入していませんでしたが、貯蓄が無い場合、医療保険は大切ですね。

 

個人年金

25歳頃に個人年金に加入し、継続して毎月15,000円支払っています。

正直、この支払いが辛く何度も解約しようか迷いました。

ただ、今から20年前に加入しただけあって、かなり利率が良い内容になっていて、解約するのはもったいなく延々と払い続けています・・・。

 

ただ、当時まさかシングルマザーになるとは思っていなかったので、この個人年金があるから少し安心していられる部分があり、本当に入っておいて良かった保険ナンバー1です。

 

60歳からの 10年間、毎月約10万円の個人年金を受け取れる契約になっています。

無事70歳まで生きることができれば総額1,200万円程度になるので、私にとっての「退職金」のような位置付けです。

 

学資保険

学資保険はまだ結婚していた頃、元夫と一緒に相談してソニー生命の学資保険に加入しました。

ソニー生命の学資保険が人気の理由は、返戻率が高いことにあります。

払い込んだ額より戻ってくるお金が多ければ多い程、嬉しいですよね。

 

ただこの学資保険、元夫の手により解約されてしまいました・・・。

 

「離婚=もう支払わなくて良い」と安易に考え、勝手に解約したそうです。

 

これから離婚を考えておられる方は、離婚前に学資保険の話し合いをした方が良いと思いますよ。(協議離婚の場合は特に)

基本的には名義変更ができない学資保険ですが、一般的に「離婚」の場合はできますので、調べておく必要があります。

 

私も、離婚時に名義変更をすべきでした。

 

ただ、その後2020年4月より「大学無償化」がスタートしていますので、何とかなるかな?とは思っています。

(我が家は住民税非課税世帯ではないのですが、それに準ずる世帯には該当しそうです。)

 

保険料はいくらに抑えれば良い?

f:id:crea-kosodate:20200410230248j:plain

保険料は、収入の1割未満に抑えるのが理想的ですよね。

一般的なシングルマザーの場合、月収が20万円未満の方が多いと思います。

その場合、収入の1割としても1~2万円です。

 

私の様に車を所持しておらず、自転車のみで生活している場合は可能ですが、車を所持している場合は、ギリギリではないでしょうか。

 

ただ、良く考えてみると、子育てって意外と何とかなるんですよね。

✿母子家庭は医療費がかからない(保険適用分に限る)

✿小・中・高の学習費はそれほど高くない

✿大学無償化が適用になる可能性が高い

 

習い事も一つか二つ程度に抑え、学校も公立限定で考えれば、高い保険に入る必要はないと思います。

保険で圧迫する生活は限界が来ますので、それよりは子供に迷惑をかけないように、老後の資金に回す方が得策です。(個人年金はおすすめです!)

 

ただし、東京都などでは、ひとり親医療費助成が適用されても、課税世帯は1割負担となりましたね。(非課税世帯は負担なし)

今後、その流れが全国に広まってくる可能性があります。

そうなった時には、再度保険の見直しが必要になるかも知れません。